MENU

育毛剤は3タイプ

 

育毛剤イラスト
テレビのコマーシャルでよく見かける育毛剤には、頭に吹きかけるスプレータイプの物や 普段のシャンプーに置き換えて使用する育毛シャンプーなどがありますが、 育毛剤にはその他にも、薬のように口に入れるタイプもあります。
大きく分けると、塗布タイプ・ヘアケアタイプ・内服薬タイプの3つのタイプがあり、 さらにそれぞれは男性用・女性用・共用と分けられます。
一般的には内服薬タイプの効き目が高いとされていますが、 薄毛の原因や対処方法は人により様々なので、口コミや人気の高さだけではなく、 自分に合った物を選ぶ必要があります。
育毛剤3タイプの特徴

 

塗布タイプは頭皮に直接スプレーしたり、手で揉み込むようにマッサージをする等して使用します。
毛根に直接栄養を与えたり、頭皮の血行促進を助ける目的の育毛剤が多く、「ポリピュア」や 「M-1発毛育毛ミスト」といった商品が人気です。
ヘアケアタイプでは、育毛効果のあるシャンプーが主流です。
頭皮の毛穴に詰まった汚れを落としたり、頭皮を清潔な状態に保てるように助けたりする目的の物が多く、 人気なのは、「ウーマ育毛シャンプー」や「薬用スカルプD」ですが、 頭皮のマッサージと併せて、より毛穴の汚れを落としやすい洗髪用ブラシも人気です。
内服薬タイプは購入に処方箋が必要な物や、副作用の心配もある為に さまざまな方法を試しても改善が見られなかった方が服用しているケースが多いです。
内服薬では「プロペシア」や「ミノキシジル」が代表的です。
また「パルテノライドEX」や「ダブルインパクト」といったサプリメントもあります。

正しい使用方法が改善への鍵

 

シャンプーのイラスト
男性型脱毛症(AGA)や女性特有の薄毛など、薄毛の原因に対する研究も進み、 近年では市販の育毛剤でも、効果的な成分が配合された物が増えてきました。
実際に、市販品で脱毛の減少や育毛の効果を実感されている方も たくさんいらっしゃいます。
しかし、効果的な物を購入しても誤った使い方をしていると効果が出なかったり、 逆に薄毛を進行させてしまう場合もあります。

 

誤った育毛対策として多く見られるのが、 とりあえず使っておけば良いという感覚で使用方法を守らなかったり、 1ヶ月程度使用して効果が出なければ諦めて使用を止めてしまったり、 また、使うほど効果が高いと思い、必要以上に塗布してしまっていたりするケースです。
育毛剤はただ塗れば良いというものではありません。
また、効果があるとされている症状や、有効成分による作用も異なる物です。
まずは、自分の薄毛の症状や原因を知り、それに合った物を選び、 決められた使用方法を守る事が大切です。
育毛剤だけに頼らない

 

どんなに栄養を与えても、土壌の状態が悪ければそこに生える植物の状態も悪くなってしまいます。
これは髪の毛も同じで、健康な髪の毛には健康な頭皮に生えると言えます。
育毛剤をより効果的に使うには、頭皮の毛穴に詰まった汚れや皮脂をきちんと取り除くなど、 頭皮の環境をまず整える事が必要です。
例えば、いつもの育毛剤に育毛シャンプーも併せて使うなどするとより効果的です。
また、睡眠時間をしっかりとる、運動の習慣をつける、食生活を見直すなどの日常の改善を心がけて下さい。